個性豊かな電報で相手に思いを伝えましょう

>

電報を使って様々な形で結婚式を盛り上げる

このコラムをシェアする

海外からの電報で相手をびっくりさせよう

皆さん以外に知らないかもしれませんが、海外からも電報は送る事が可能です。
最近は、国際結婚が多くなり、結婚式をする際に、どちらかの家族がこられなくて、残念な気持ちになる人も多いでしょう。
そんな時に本人たちにはサプライズで、電報を読み上げるとびっくりしてもらえるかもしれません。

手紙や動画は恥ずかしかったり、何よりも電報は受付した時点で日本語に翻訳してくれるので、本人も会場の人も、感動を共有できると思います。
もらった本人は、なかなか普段では聞けない親の本音が聞けるかもしれません。
異国の国に嫁ぐ親からの電報は様々な思いが詰まっているので、来席した方たちも、感動すること間違いなしです。
ぜひ、本人には内緒でサプライズしてみてはいかがですか?

電報を使ってまさかの展開に

結婚式で電報を送る人は、当日用事があってこれない人が、祝福のコメントを届けるために利用するものですよね。
結婚式で様々なサプライズがありますが、電報を使ってサプライズをする事があるのをご存知ですか?

電報を読み上げられた時に「結婚式に行けなくてごめんね」と伝え、来てない事をアピールします。
結婚式会場から遠かったり、仕事が忙しい人なら、なおさら新郎新婦は来ていないと思ってしまいますよね。
そんな中サプライズで、本人が登場したら、びっくりすることでしょう。
電報は様々な形で受取人を喜ばせようと多くのサービスを提供しています。
電報を利用する際には、相手が喜びうれしくなる物を探してみてください。
結婚式を盛り上げてあげましょう。