個性豊かな電報で相手に思いを伝えましょう

>

電報の仕組みや注意点を知っておこう

このコラムをシェアする

バルーンで会場を盛り上げよう

バルーン付きの電報は、皆さん聞いたことがあると思いますが、最近のバルーンアートは本当に進化しています。
バルーンで作っているとは、決して思えないような、繊細なテクニックで完成されてきます。

バルーンアートは決して結婚式の電報だけではなく、様々な場所で使用されることも多いので、予約するのに、普通の電報よりは当たり前に時間が必要となっています。
本番ギリギリに予約するのは避けて、余裕を持って予約してください。
物によっては、本番に間に合わなくなってしまうかもしれません。
会場で目立つにはバルーンが一番だと思います。
今のバルーンは長持ちするように加工されていたり、工夫もされているので、思った以上に楽しんでもらえると思います。

人形を使って会場を可愛らしく

人形に電報をつけて送るのは、テレビなどでも見たことがあると思います。
今結婚式で多く使用されているのは、男のキャラクター、女のキャラクターがいて、結婚式の服装を着せれば、結婚式を想像できる人形です。

特に多いのがディズニーキャラクターです。
カップルのような設定がある作品が割と多く、知名度もあるので、相手が喜んでくれるでしょう。

次に人気なのが、キャラクター関係なしのテディベアです。
これは人形付き電報が出始めた当初からあり、人気がずっとあります。
人形の良いところは、家に飾っておけば、結婚式の楽しかったり感動した思い出が、形として残す事ができるところです。
結婚式が終わってからも、人形一つで、幸せな思い出を、思い出させてくれるでしょう。