結婚式で使いたくなる電報の種類

個性豊かな電報で相手に思いを伝えましょう

電報の仕組みや注意点を知っておこう

電報の種類では、結構知られているバルーンや人形を使った電報を紹介していきます。 結婚式会場だけではなく、結婚式後にも家で楽しんでもらうには、目立って可愛らしい、送り主が喜ぶ電報が一番ですよね。 少し電報に付け加えるだけで、相手の反応は全然違うかもしれません。

結婚式だけではなく家でも喜ばれる

結婚式場を華やかにする、電報とは思えないほど豪華な電報を紹介していきます。 結婚式が終わった後でも家で飾る事ができますし、お菓子付きの電報なら、家族で食べたときに、また結婚式の思い出を話しながら食べてもらえると思います。 二度喜んでもらえる電報なのです。

電報を使って様々な形で結婚式を盛り上げる

結婚式ではよくあるサプライズですが、電報を使ったサプライズを紹介します。 感動するサプライズや、びっくりしてしまうサプライズなど、本当に新郎新婦が一生の思い出に残れるような、結婚式にしてあげましょう。 ちょっとした工夫で電報が大活躍してくれますよ。

式場を可愛らしくしてくれる

皆さんは結婚式の電報を利用した事、またはもらったことはありますか?
今どきの電報は、個性的な物から相手を感動させる物まで様々な電報が利用できます。
そもそも、電報とはどのように利用するのか、利用する時の注意点などを知っておきましょう。

結婚式の招待状が届いて、行きたい気持ちはあるのに、その日はどうしても行くことができない場合や、結婚式会場が遠方で、行くことができない人が、電報を使ってお祝いの言葉を伝えるのです。
利用する会社によって、利用料金は違いますし、電報の種類によっても料金は違ってきます。
電報は電話での予約がほとんどで、伝えたいメッセージを電話で予約しないといけませんので、何度も確認しながらの予約になります。
あげる人が友人なら、お祝いの言葉に悩む事はあまりないですが、相手が自分より目上の人の場合は、失礼のないようにと思うと、なかなか文章が決まらない時があります。

それに、あまり使ってはいけない、言葉もあるんです。
言葉から、別れを連想させてしまいそうな「切れる」「別れる」「離れる」「戻る」などです。
そして、再婚を連想させそうな、「たびたび」「しばしば」「重ね重ね」などです。
そんな決まりがあると知ったら、余計文章内容に困ってしまいますよね。
そんな時は、結婚式用の例文などが電報会社のホームページに載っていますので、予約の際に、例文番号を伝えるだけで大丈夫です。

後は名前(特に新婦は旧姓なのかどうか)や結婚式会場先の住所など、間違わないように、ちゃんと確認をしてから電話予約をしましょう。

おすすめリンク

結婚式への素敵な電報

大切なお友達の結婚式に送りたい電報ですが、ありきたりではなく心に届く文章をリストアップしてみました